問題19:またインフィールドフライ?故意落球?

またインフィールドフライ?故意落球?

問題19

無死1・2塁。打者がバントを企てましたが、打球は3塁方向へフライになって飛んでいきました。
そこでダブルプレーにしようと思い立った三塁手はなんなく捕れる打球なのにもかかわらず、その打球が地面でバウンドするのを待ち(打球には触れてない)、ボールを拾いました。その後三塁を自ら踏み、二塁へ送球。1塁走者・2塁走者ともタイミングはアウトですが…審判はどうジャッジすべき??

①ダブルプレー成立
②審判がインフィールドフライを宣告しなければならなかった
③故意落球で打者がアウト

またインフィールドフライ?故意落球?


【問題19の解答】

①ダブルプレー成立


—————————
問題18に似た問題ですが、打球がグラウンドにつくまで野手は触れていない点が違います。
故意落球は「内野手が地面に触れる前に片手または両手で現実にボールに触れて、故意に落とした場合に適用される」(6.05(l)【注1】)ので、今回のようにボールの落下を待って捕ったケースは故意落球にはなりません。
ですからこの場合はダブルプレーが成立します。

また、バントを企てたものは、飛球でもインフィールドフライにはならない(2.40)ので、答えは①。
—————————
三塁手の判断、ナイスです。


関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ピックアップ記事

2016.3.30

問題63:バントの小フライはインフィールドフライ?

問題63:バントの小フライはインフィールドフライ? 無死または1死1・2塁などの場合、内野フライがあがったらインフ…

書庫

Twitter でフォロー

ページ上部へ戻る